更生援助

行政の行っている援助基準に該当しない方で、金銭がない、または小額しか所持していない身元不明者及び要援護者が入院した場合に、最低限の緊急必需品の支給等を行うものです。
更正援助

災害援助

暴風、豪雨、洪水、地震、火災等の災害によって被災された社協会員の世帯や事業所に対して援助の一助として見舞金を支給します。
災害援助

移送サービス

社協会員加入世帯の方で、家族で送迎することが困難な高齢者や障害のある方をボランティアの方がご自宅から病院、又は公共施設までお送りします。

※ 車の乗降に介助が必要な方、運転手との会話に不自由な方等は、家族等の介助者の同乗が必要です。
※ サービスを利用することにより心身に異常をきたす恐れのある方は、利用できません。
※ 車椅子での利用はできますが、ストレッチャーでの利用はできません。

※利用申請書様式

移送サービス
移送ボランティア運転手募集

 

福祉機器の貸出

車椅子
社協会員加入世帯の方を対象に、外出等で歩行困難な方に同一月内7日間を限度として、無料で車椅子を貸し出しています。

※利用申請書様式

車椅子仕様車輌
社協会員加入世帯の方を対象に、車椅子使用者等の移動手段としての車輌(軽自動車)を貸し出しています。ただし、運転手を確保できる方に限ります。
費用は無料ですが、使用後の給油が必要となります。
なお、暴風雨や降雪、路面凍結等の悪天候が予想される場合は貸出を制限させていただきます。
利用日の2か月前から7日前まで受け付けします。
乗車人数は、3名(うち車いす1名)となります。

※利用申請書様式

サービスの利用方法

くらし 福祉機器の貸し出し 車椅子

 

生活福祉資金貸付制度

福祉資金貸付
 生活福祉資金は、他の資金の借入れが困難な所得の低い世帯や障害者・高齢者世帯、また失業等による日常生活上の困難や生活の立て直しのために、一時的な資金を貸付することで生活の安定と経済的な自立・改善が見込める世帯に利用いただく貸付制度です。
なお、貸付対象は貸付金を返済していただける見込みのある世帯であり、負債の返済等のための借入れは対象外となります。

 

≪資金の種類≫
◆総合支援資金
生活再建までの間に必要な生活費用等
◆福祉資金
日常生活を送る上などで一時的に必要であると見込まれる費用等
◆教育支援資金
高等学校、大学等への就学に必要な費用等
◆不動産担保型生活資金
低所得または要保護の高齢者世帯に、一定の居住用不動産を担保に生活資金を貸し付ける

 

 貸付制度は愛知県社協の審査があり、すぐに決定・貸付になるものではありません。また希望に添えない場合がありますので予めご了承ください。
資金の種類により貸付対象や内容が異なります。まずは北名古屋市社協にお問い合わせください。

 

福祉サービス利用援助事業(日常生活自立支援事業)

日常生活に不安を抱えている認知症高齢者、知的・精神障害のある方等が、必要な福祉サービスを適切に受けるためのお手伝いや日常的な金銭管理、書類等の預かり等を、生活支援員や専門員が行っています。

サービスの利用方法

福祉サービス利用援助事業(日常生活自立支援事業)

 

生活困窮者自立相談支援事業

 生活上や経済的な問題等でお困りの方を対象として、生活困窮の状態から脱却できるよう自立に向けた支援を行います。
手続きにお持ちいただく物は、特にありません。
□対象となる方
市内在住で、経済的に困窮し、生活を送るうえで不安や心配のある方
※ 生活保護受給者は対象となりません。
□支援内容
相談支援員がお困りの内容をお聞きし、課題・問題の整理やその解決に向けた支援計画作成、支援を行います。また、必要に応じて関係機関の紹介や同行支援なども行います。
□費用
無料です。まずはお問い合わせください。